MENU

学生でもお金を借りることは出来るのか?


「学生でもお金を借りることはできるのか?」
この記事を読んでくださっているのはそんな疑問を持たれている学生の方ですよね。

学生はお金がない

そんなキャッチコピーはいつの時代にも謳われていますが、特に、現在学生である皆さんは、生まれた時から不景気な時代を過ごしてきたと思います。
「うちはお金持ちだから、欲しいものは値段を気にせず何でも買ってもらえるの。」という裕福な家庭はそう多くはない時代です。

こんな不景気な時代でも、やはり欲しいものは欲しい。お金がかかるものはかかります。出て行くものは出て行くものです。
けれど実際にそのお金が必要となった時、「親に頼るのは忍びない。」「自分の力でなんとか工面したい。」と思われる方も少なくはないでしょう。
そんな方にとって、冒頭の言葉が何度も頭をよぎることと思います。

「学生でもお金を借りることはできるのか?」

結論から述べますと、出来ます。
では、具体的にどうやってお金を借りるのか、ここからはその具体的な方法を述べていきたいと思います。

学生がお金を借りる方法は?

まずその前提として、お金を借りる手段について簡単に説明させてもらいます。

お金を借りる方法には、大きく分けて「キャッシング」「ローン」の2つの方法があります。
どちらともに「お金を借りる」という点では同じなのですが、その大きな違いは返済方法にあります。
「キャッシング」が一括で返済するのに対し、「カードローン」は分割して返済をします。

ただ、キャッシングは少額のお金を無担保で借りるというのに対し、カードローンの場合は一定の利息がかかっていきます。
返済日を過ぎると「延滞利息」という通常の利息よりも利率の高い利子がかかります。

学生ローンを利用するためのふたつの条件

このどちらとも、学生でも利用可能です。
ただし、条件があります。

それは、
  • 年齢が20歳以上であること
  • パートやアルバイトなどで安定した収入があること
です。

この両方を満たしていなければ、まず審査に落ちます。
仮に、年齢や収入を偽って審査に通ったとしても、後々ご自身の首を絞めてしまう結果になりますので絶対にやめておきましょう。

どんなもの(或いはサービス)にお金を使うのか、それは完全に個人の自由です。
ただ、そのお金を使う対象が、「今絶対に必要なもの」、または「今後自分の人生に役立つ可能性が高いもの」であるのかを見極める必要はあると思います。
特に、学生さんの場合は学業第一ですから、社会人ほど労働に多くの時間を費やすことは出来ないと思います。

学業を疎かにしてバイトばかりするのも個人の自由ではあるのですが、本末転倒になってしまわないようにしてもらいたいと、老婆心から言わせていただきます。

学生ローンを利用する場合の覚えておいて欲しい心得

昨今、奨学金が返済できず生活が困窮してしまう若者がメディアで報道されることがしばしばあります。
そうなってしまうと、毎日の生活が「返済」という言葉に躍らされてしまうことでしょう。
キャッシングやローンも、ATMで気軽に取引が出来るため、そのような意識は感じられないかもしれませんが、れっきとした「借金」です。
このことは最低限頭の隅にでも置いてもらいたいと思います。

ただ、そうしたうえでも必要なお金があるとするならば、そのために必要なことを次回以降の記事で書いていきますので、読んでいただけたら幸いです。
決して、借金自体が悪いのではありません。
ただ、無計画に借金をしてその後苦しむ思いをされるようなことにはならないようにしてもらいたいと思います。


「学生でもお金を借りることは出来るのか?」という問いに対し、改めて私はこうお答えします。

「はい、できます。ただし、そのお金を何にどう使うか、どう返していくかはすべてあなたの自由です。」と。

更新履歴